ふぐの白だしで白菜の鯛包み

LINEで送る

■調理時間:40分

【材料(4人分)】
  • 鯛の切り身…2切れ
  • 昆布(20×10cm)…1枚
  • 白菜…4枚
  • 飾り用ゆず…適量
【調味料】
  • ふぐの白だし…小さじ2
  • 水…450cc
  • 酒…50cc
  • 塩…小さじ2/3
【作り方】
  1. 鯛の切り身は骨を取り除き、4つに切り分け、酒(分量外)、塩(分量外)を振りかけておく。
  2. 鍋に水と昆布を入れて中火にかけ、ひと煮立ちしたら弱火にして、5分間煮る。
    水がうっすらと緑色になったら、酒を加えてひと煮立ちさせ、塩を加える。
  3. 白菜をさっと湯通しし、まな板に大きく広げる。根元の白い部分は切って、縦の短冊切りにしておく。
    広げた葉の下から1/3の場所に、短冊にした白菜の根元、鯛の切り身をのせ、きれいに包む。
    *包み終わりが下にくるように包みます。
  4. 2.の鍋にふぐの白だしを加え、昆布の上に3.で作った白菜の鯛包みをきれいに並べ入れる。
  5. 鍋のふちがクツクツする程度の弱火で20分火にかけ、時折スプーンでだし汁をすくい、白菜の鯛包みの上からかけて、味を馴染ませていく。
  6. 器に盛り付け、出し汁を少々入れ、細切りにしたゆずをあしらって、出来上がり。
LINEで送る

フリーワードで探す

トップに戻る